support2011 バックナンバー
support201.exblog.jp

やまぐちスポーツ医・科学サポートセンターでは国内外のスポーツ医・科学情報をはじめ、各競技大会成績を配信しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[support 2011-net:0335]
サポート2011@スポーツ医・科学センターです。(保田)

【Teamやまぐち】情報

【大会・競技結果】全国高校総体 競技結果 第22日




◆2009近畿まほろば総体 第22日


 全国高校総体(インターハイ)の第22日は19日、大阪府門真市の大阪なみはやドームなどで行われ、県勢は競泳6種目に出場したが、いずれも予選で終わった。400メートルメドレーリレーに臨んだ西京は男女とも記録が伸びず、女子100メートル自由形の梅田知美(防府)が自己記録を上回る58秒86を出したが予選1組2位で落選。400メートル個人メドレーの中塚千尋(西京)も力を出し切れず決勝に進めなかった。
 


水泳・女子100自由形 梅田(防府)自己新、「豪雨災害の力に」 

 「ここまでタイムが伸びるなんて。びっくりした」。女子100メートル自由形予選に登場した防府高の梅田知美。自己ベストを約0.5秒縮める58秒86をマークし、声を弾ませた。

 身長153センチと小柄だが持ち前の瞬発力が強み。スピードを生かして前半にリードを奪う「前半型」で、このレースも自分らしい幸先の良いスタートを切った。前半50メートルを27秒95でターンすると、その勢いを保ったままゴール。決勝進出はかなわなかったが、想像以上の好結果になった。

 1年生。初のインターハイで、前日に出場した50メートル自由形予選は「緊張に押しつぶされそうになっ」。
その経験を踏まえ、気持ちをコントロールしようと努めた。コーチから「100メートルではきっと結果が出るよ」と声をかけられたこともプラスになった。

 県内豪雨で被害を受けた防府市で暮らす。クラスで一番仲の良い友人も避難所生活を強いられたといい、「ずっと心配で毎日のように連絡をとりました。被害を受けた地域の方々にも、(自分のレースが)少しでも力になってくれたら」と結んだ。

e0218714_16162646.jpg

女子100メートル自由形予選で自己ベストを出した防府高の梅田選手






水泳・男女400メートルメドレーR 西京、力発揮できず

■女子
 
 女子400メートルメドレーリレーに出場した西京は予選1組で最下位にとどまり、予選突破はならなかった。

 チームをハプニングが襲った。第一泳者の1年田村美樹が背泳ぎのスタートの瞬間、飛び込んだ勢いでゴーグルに水が入り視界を失った。「何も見えない」。レース中のため修正できず、コースロープに何度も引っかかる。自身初の全国総体という緊張感も重なり、苦しい時間が続いた。

 その流れを経験豊富な上級生が変えた。第三泳者の2年田中美優夏が「前日の200メートル(のバタフライ予選)は前半に突っ込みすぎたけど、今回の100メートルだったらそのペースでも大丈夫」と序盤から快調に飛ばし、今季の自己新となる1分4秒36の力泳。アンカーの2年溝田真子は「周りに差を空けられていたけど、自分の泳ぎに集中した」と必死にゴールした。

 レース中から、「すみません」と泣きじゃくった田村。同じく1年で、第二泳者の安田彬乃も「インターハイはすごく緊張した。速い選手が多かった」という。チームの底上げに向けて、大きな刺激になったレースだった。


■男子

 「みんなの足を引っ張らないようにしよう」。男子400メートルメドレーリレー予選。西京の第二泳者で平泳ぎを任された正司大は気合が入っていた。

 2年生で昨年は補欠。出場はこの種目だけで、今大会への思いは人一倍強かった。第一泳者で背泳ぎの山根佳祐がスタートし、競り合いながら6位で戻ってきた。「この順位を守るぞ」。前日にコーチから「ストロークを大きく」と言われたのを再確認し、水中に潜った。しかし、100メートルで後続の3人に抜かれ、「中国大会の記録より1秒ほど悪い」とうつむいた。

 チーム戦。4人とも「個人レースは自分との勝負。チームのみんながいると心強い」と口をそろえる。第一泳者の山根佳は「個人レースよりも頑張ろうという気持ちになる」といい、第三泳者の浴野秀星は「みんな一緒だから緊張しない。自分がダメでも周りが助けてくれる」と実感する。

 結果は予選1組で最下位。実力は発揮できなかったが、「個人レースは周りに実力選手が多いので重圧が大きいけれど、リレーは4人で泳ぐので安心だった」と正司。信頼関係でつなぎきった。

e0218714_16164530.jpg

全国の舞台で多くの経験を得た女子400メートルメドレーリレーに出場した西京 


(H21/8/20 山口新聞WEB版)






◆水泳 (大阪なみはやドーム)

【男子】
◇100m自由形予選
 「1組」 ⑦黒岩優太(長府)  =落選

◇400mメドレーリレー予選
 「6組」 ⑩西京(山根佳・正司・浴野・山根拓)  =落選


【女子】
◇100m自由形予選
 「1組」 ②梅田知美(防府)    =落選
 「5組」 ③橋本優希(徳山商工) =落選

◇200m背泳ぎ予選
 「7組」 ④山下安輝(豊浦)  =落選

◇400mメドレーリレー予選
 「1組」 ⑧西京(田村・安田・田中・溝田)  =落選

◇400m個人メドレー予選
 「4組」 ⑥中塚千尋(西京)  =落選


いよいよ大会最終日。競泳・飛び込み・水球が行われています。
[PR]
by support2011 | 2009-08-20 16:14 | 【Teamやまぐち】