support2011 バックナンバー
support201.exblog.jp

やまぐちスポーツ医・科学サポートセンターでは国内外のスポーツ医・科学情報をはじめ、各競技大会成績を配信しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[support 2011-net:0325]
サポート2011@スポーツ医・科学センターです。(矢野)

【Teamやまぐち】情報

【大会・競技結果】全国高校総体 競技結果 第16日




◆2009近畿まほろば総体 第16日

 
 全国高校総体第16日は12日、天理市などで3競技を行い、県勢は柔道女子78キロ超級で町純香(西京)が準々決勝まで進み5位になった。ソフトテニス女子団体の慶進は16強に終わった。柔道の町は準々決勝で、2連覇を果たした烏帽子美久(埼玉・埼玉栄)と対戦。延長戦まで戦ったが惜敗した。13日は競技がなく、14日に県勢が得意競技とするセーリングで再開。17日から競泳などが始まる。


柔道女子78キロ超級 町(西京)悔しい5位

 町純香(西京)と高校王者・烏帽子美久(埼玉栄)との個人78キロ超級準々決勝は「事実上の決勝戦」と呼ぶにふさわしい熱戦だった。延長の末、敗れたため町は「自信になったけど、ここまできたら勝ちたかった」と、5位入賞を果たしながらも悔しさをにじませた。

 2、3回戦を危なげなく突破した町は、同じく圧勝で勝ち上がってきた烏帽子と通算3度目の対戦を迎えた。過去2回の対戦は引き分けと優勢負け。しかし、「前日(団体戦)の対戦で攻めのパターンはつかんでいた」という西京の大村美恵監督の言葉通り、個人戦では序盤から互角の戦いを見せる。終盤には相手の技を上手に返し、あわや優勢勝ちかというところまで追い詰めた。

 延長でも町は一歩も引かず技を繰り出すが、高校王者は一瞬のすきを見逃さなかった。内股、一本…。全試合一本勝ちし2連覇した烏帽子を最も苦しめたのは、紛れもなく「一瞬」の差の町だった。

「3年間やってきたことを全部発揮してくれた。勝てなかったけど、この試合は今後の柔道人生につながる」と大村監督。全国大会初入賞を果たし、高校王者相手に健闘した教え子をねぎらった。

「まだ挑戦する機会はあるので次こそは」。王者との対戦で確かな手応えをつかんだと町は、4度目の対戦に向け闘志を燃やしていた。

e0218714_1555277.jpg


女子78キロ超級準々決勝で、昨年の王者・烏帽子相手に
互角の戦いを見せた西京の町純香(右)
=天理大学杣之内第一体育館





◆柔道 (天理大杣之内第1体育館)

【女子】
《63kg級》
◇1回戦
 松田 真希(石川・北陸大谷)  優勢  小出 蒔絵(山口・西京)

《70kg級》
◇1回戦
 重永 聡美(山口・西京)  総合勝ち  佐藤 歩実(山形・山形中央)

◇2回戦
 重永 聡美  大内刈り  富山 恵理(徳島・徳島商)

◇3回戦
 河野 愛美(大分・国東)  きびす返し  重永 聡美

《78kg級》
◇1回戦
 奥原 若菜(山口・西京)  優勢  広海 共美(北海道・旭川大高)

◇2回戦
 ウーガンジャルガル(山梨・日本航空)  優勢  奥原 若菜

《78㎏超級》
◇2回戦
 町 純香(山口・西京)  大外刈り  吉田 有利(石川・北陸大谷)

◇3回戦
 町 純香  優勢  稲森 奈見(鹿児島・鹿児島南)

◇順々決勝
 鳥帽子 美久(埼玉・埼玉栄)  内また  町 純香






ソフトテニス女子団体 慶進、地力発揮し2勝

 女子団体で慶進が2勝を挙げ16強入り。地力を十分に発揮し、山本真由美主将は「無心でやった結果だと思う。仲間と一緒に戦えたことが誇り」と胸を張った。

 先行を許した1回戦は第2試合。殿村優里・松永美樹組は鋭いボレーやレシーブなどで加点していき一気に奪い返す。「3年生は最後の大会。次(第3試合)につながるプレーをしたかった」と2年の殿村。続く石井ひとみ・宮川実穂子組の好試合を呼び込んだ。

 強豪の宮崎商との2回戦は、カットやショートボールを入れてくる打ち合いに強い相手に対し、粘り強く打ち返しミスを誘って2ゲームを連取した。

 昨年の全国総体は初戦敗退で、チームに悔しさだけが残った。例年以上に遠征や練習試合を行い、大会前に集中して約15試合をこなした。「大会直前まで自分の弱点を探せた」と坂本典子。打ち合いに強いという九州の名門高と試合数を積み、早い打球への対応や状況判断が磨かれたという。

 試合後、「私がチームをまとめきらず、バラバラになった時期もあった」と打ち明けた山本主将。苦境を乗り越えてつかんだ大舞台。チームの合言葉「報われない努力はない」を、信じ続けた結果だった。

e0218714_15552294.jpg

女子団体1回戦で、粘り強くプレーする
慶進の山本真由美主将(右)と坂本典子のペア
=奈良県明日香庭球場







◆ソフトテニス
【女子】
◇団体1回戦
 慶 進(山口)  2-1  東洋大牛久(茨城)
  (山本・坂本  1-4  豊島・小野寺)
  (殿村・松永  4-1  長峰・寺島)
  (石井・宮川  4-1  中村・鳥飼)
 
◇同2回戦
   慶 進     2-1  宮崎商(宮崎)
  (石井・宮川  4-2  長友・押川)
  (殿村・西原  4-2  田口・高橋)
  (山本・坂本  0-4  橋田・黒木)

◇3回戦
 高岡商(富山)  2-0  慶進
  (砂山・西尾   4-2  石井・宮川)
  (長尾・荒井   4-0  殿村・西原)
  (大牧・鈴木  打ち切り 山本・松永)


(H21/8/13 山口新聞web版)
[PR]
by support2011 | 2009-08-13 15:52 | 【Teamやまぐち】