support2011 バックナンバー
support201.exblog.jp

やまぐちスポーツ医・科学サポートセンターでは国内外のスポーツ医・科学情報をはじめ、各競技大会成績を配信しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[support 2011-net:0331]
サポート2011@スポーツ医・科学センターです。(柴田)

【Teamやまぐち】情報

【大会競技結果】レスリング:全国高等学校女子レスリング選手権大会




◆中谷 亜依(防府高校3年)全国初V
 第15回全国高等学校女子レスリング選手権大会 
 平成21年8月17日~18日 千葉県:佐倉市

 千葉県佐倉市で開催された「第15回全国高等学校女子レスリング選手権大会」において、43kg級に出場した中谷亜依(防府高校3年)が、優勝を勝ち取った。
 46kg級に出場した藤沢志穂(柳井商工高校1年)が3位。
 JOC杯優勝、アジアジュニア選手権銀メダルの49kg級太田理穂(柳井学園高校3年)は2回戦で敗退した。


【女子43kg級】

▼準決勝
 中谷亜衣 ○[フォール、1P0:21(4-0)]●辻彩香(大阪・堺女子)

  ▼決勝
 中谷亜衣 ○[フォール、1P1:18(3-0)]●我慢愛子(青森・青森商)



【女子46kg級】

▼準決勝
 鈴木美織(東京・安部学院)○[2-0(TF7-0=1:19,5-1)]●藤沢志穂

  ▼3位決定戦
藤沢志穂 ○[2-0(4-1,4-1)]●中川楓香(滋賀・日野)


 中谷は、小学1年生のころに体力作りを目的に父親の薦めもあり、ジュニアレスリングクラブの 小郡ブロンコス(代表:平川辰儀)に入団し、レスリングを始めた。
 山口県立防府高校に進学後も、放課後には、これまで指導を仰いできた山口県鴻城高校に毎日練習に通い、日々努力を積み重ねてきた。1年次・2年次には、全国大会に出場するものの芳しい戦績を納めることができなかったが、3年次になり4月に東京で開催された全日本女子選手権大会でシニアの部48kgで第3位、そして今大会で見事優勝を飾った。
 小さい体ながらも男子に混ざって熱心に練習に取り組み、レスリング好きなこととあきらめない姿勢を大切にしており、大会の朝にも「絶対優勝します」と意気込んでいた。
 会場には、父親も観戦に訪れており「娘の試合(決勝)を見て感動しました」と語っていた。山口県鴻城高校の平川監督は「優勝したことはおめでとう。ただ、これはゴールでなく、新たなスタータラインに立つ課程だから、今後に向けて頑張りなさい」と喜びを表しながらも次への目標設定をさせ檄を飛ばした。


 本人のコメント

 10年以上レスリングを続けてきて、初めて全国大会で優勝することができ本当に嬉しかったのです。
 ただ、先生のアドバイスや練習の成果を十分に発揮できず残念な気持ちも少しあるので、またこれから練習に励んでいこうと思います。


 報告:平川辰儀(レスリング高体連専門委員長)
[PR]
by support2011 | 2009-08-18 16:05 | 【Teamやまぐち】